探偵映画に対する考え方

銀座バー In The Room 84フードメニュードリンクメニューコンセプトスタッフ紹介 |アクセス | お問い合わせ

銀座-バー|Bar In The Room 84|イメージ画像

 探偵を主人公とした映画は定番と言えば定番で、最近では「探偵はバーにいる」が割と観客動員数を集めたようで、日本の映画界だけでなく世界的に見ても、当たると2作目を作ると言うのが手法として成り立っている。当然「探偵はバーにいる」も例によって2作目が作られたわけで、それが「探偵はバーにいる、ススキノ大交差点」と言う映画に仕上がっている。

 まぁ細かい設定には突っ込みを入れるつもりはないが日本での殺人事件は警察が調査するのが本筋で民間人が殺人事件のホシを探し出すなんてことは実際にはやらない。と言うか、スポンサーがいない訳だから、探偵業を生業にしている人も仕事として成立しない訳で。

 遠い知り合いに成るが大阪で探偵をしている人に実際に業務内容を聞いたけど、殆どが浮気調査の依頼ばかりらしい。まぁ普通に考えればこの世に男と女がいる以上男女のもつれが生じるのは昔からの定番的な話しで、だからこそ探偵業が生き残れるわけですね。

さて映画の話しに移りますが、私個人の感想よりもネット上で多くの人が呟いているのでここから先はwww.westjr.co.jp/press/article/とかhttp://eiga.com/等より引用する事にします。

 面白かったああああ!探偵×高田のコンビなー◎*マサコちゃんが愛おしすぎて…?観てきたぁぁぁ!!!大泉洋好きー!!!楽しかったぁぁ(*´∀`)

 観終わった?♪良かった?(*´∀`*)大泉洋もダサいトコもありつつ格好良かったし、前作同様濃いキャラの面々も面白かった(笑)そしてラストはホロっとした(ノω・`)面白かった!

 思わず。くっそ笑った。でもね、涙もあったんだよ。ちょーおもしろかったー!!!!開拓おかきィィィ傑作だった。是非を製作してほしい。よろしくお願いします。

 観てきた。前回同様楽しかった!少しハードボイルドやね?。男の人のほうが好きかもね。めちゃくちゃ面白かった!!笑いそうになるのを堪えるのが大変やた(^ω^)泣きそうにもなったし。・゜・(ノД`)・゜・この様に探偵ものが見たかったと言うよりも出演者が見たかったと言うパターンの方が多いような気がします…

 左上がりの場合、ゴルフクラブを振った時、先端が地面に突き刺さる方向の軌道と成り、トップしやすいので考慮する。

 重心が左側に傾く関係で重心移動が難しくなります。

 重心移動が十分にできない事を考慮し、ボールは半個分右に寄せます。最後は何の話か分からなくなったよさ…

―――― Copyright-Big Japan web dwyt. From Nao Sukehira-All Rights Reserved――――
ネット上で公開している文章にはすべて著作権があります